サーフィン用語集 | ハワイでサーフィンを学ぶなら | ハワイサーフィンスクール

【営業時間】10:30~17:00(定休日:年末年始) B.I.C Bridges for International Communication 050- 5807- 3410

サーフィンの基礎知識  サーフィン用語集

トップページ > サーフィン上達にお役立ち > サーフィンの基礎知識 サーフィン用語集

サーフィン用語集

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 ら行 わ行
あ行
アウトライン

サーフボード全体の形。

厚い波

崩れにくい波。なかなかブレイクしないため波に乗りにくい。(⇔ホレた波/掘れた波)

うねり

波がブレイクする前の、背が丸くなっている部分。スウェルともいう。

オフショア

陸から沖に向かって吹く風 (陸風)。風が海面を整えるのでサーフィンを楽しむには良いとされている。ただ、強く吹いてしまうと波もサーフボードもパワーを抑えられてしまう。適度なオフショアの風がベスト。

オンショア

沖から陸に向かって吹く風 (海風)。風が海面を荒らしてしまうので、サーフィンには向いていないとされている。

か行
キレてる波

波のピークからショルダーにかけて横方向にキレイに崩れていく波。横に滑りやすく、サーフィンに適している。
(⇔つながった波・ワイドな波)

クローズアウト

波がひどく荒れている時や、風が強すぎてサーフィンが出来るコンディションではない海の状態。

さ行
ショートボード

長さが6’7’’(200cm)前後の短いボード。コンパクトで軽く、シャープなターンが出来る。

ショルダー

波の斜面のやや広いうねりの部分。ここから崩れて白波になる。

スープ

波が崩れた時に発生する白波。

ストリンガー

サーフボードの中心にある補強材。

た行
ダラダラした波・タルイ波

タルイ波、トロい波とも言う。パワーがなく、乗りづらい。

ダンパー

一気に崩れ、サーフィンができる斜面に適さない波。

テール

サーフボードの後ろの部分。

テイクオフ

パドリングからボードに立ち上がり、波をつかまえること。

デッキ

ボードの表の面。パドリングやライディング時にサーファーが直接接触する面。

トップ

波の上部。

トロい波

力がなく、ゆっくりと崩れていく波。

ドロップイン

ルール違反の行為で、前乗りともいう。別のサーファーが乗っている波に前から入ること。

な行
ノーズ

サーフボードの先端。

は行
速い波

割れていくスピードが速い波。

パドリング

サーフボードの上に腹ばいになり、手を漕いで移動すること。

ピーク

波が崩れる一番高い部分。

ファンボード

長さが6’6’’(198cm)から8’4’’(254cm)の範囲のボード。ロングボードとショートボードの中間のボードとなり、2つのボードの良さを併せ持っている。

フィン

サーフボードのテール・ボトム面にある部分。突起しており、方向を変える働きをする。

フェイス

波に乗る斜面のこと。

ブレイク

波が崩れること。

ブレイクポイント

波が崩れ始めるポイント。

プルアウト

自分の意志で乗っている波から降りること。

ホレた波(掘れた波)

カール(巻いている)している波のこと。波が急斜面のためスピードが出やすく、テイクオフにはスキルが必要。
初心者には難しい波。(⇔厚い波)

ボトム

波の下の部分。

ま行
前乗り

ルール違反の行為でドロップインともいう。別のサーファーが乗っている波に前から入ること。

ら行
ライディング

波に乗ること。

リーシュコード

サーファーとサーフボードをつなぐ紐のこと。

リップ

波が崩れる直前の状態。波のトップの部分。

レール

サーフボードのサイド部分。

ロッカー

ボードの反り。

ロングボード

長さが9’10’’ (300cm)前後のボード。長くて浮力もあるため、すぐに波に乗ることが出来る。

わ行
ワイドな波

幅広く一気に崩れていく波。つながった波とも言う。

ワイプアウト

ライディング中にボードから転げ落ちること。

割れる

波が崩れる(ブレイク)すること。


About Surfing Scool

Lesson Menu

Surfing Information

Company

体験談
スタディハワイ ESTA.com P-mark