サーファーガールにマスト!髪を守るヘアケアグッズ | ハワイでサーフィンを学ぶなら | ハワイサーフィンスクール

【営業時間】10:30~17:00(定休日:年末年始) B.I.C Bridges for International Communication 050- 5807- 3410

サーファーガールにマスト!髪を守るヘアケアグッズ

トップページ > サーフィン上達にお役立ち > サーファーガールにマスト!髪を守るヘアケアグッズ

サーファーガールにマスト!髪を守るヘアケアグッズ

髪は「傷む前に守る」が鉄則!

髪は「傷む前に守る」が鉄則!
サーフィンをしていると気になるのがパサパサに傷んでしまう髪。サーフィンに限らず海やプールに入った後、パサついて困った経験はありませんか?

この原因の1つ目は紫外線。髪も肌と同じように日焼けをします。日焼けをすることによって乾燥し、キューティクルが広がってしまい、パサついてしまいます。特にハワイの紫外線は強いので要注意。原因の2つ目は海水に含まれる塩化マグネシウム。髪はケラチンというたんぱく質でできていて、塩化マグネシウムはそのケラチンを溶かし、さらに髪の水分を奪ってしまいます。
日焼け止めには手が回る方は多いですが、ついついヘアケアは忘れてしまいがち。事前のケア・アフターケアをしっかり行い、髪を守っていきましょう。そこでサーフシーンに使える髪の傷み防止策とおすすめのヘアケアグッズを紹介します。

事前ケア

手軽にできる髪の傷み防止策
手軽にできる髪の傷み防止策
できるだけ紫外線や海の塩分に触れないようにするため、髪をしっかり結ぶことが大切です。特にお団子や三つ編みは触れる面積が少なくなるのでおすすめ。水着にぴったりのヘアアレンジをしてオシャレをするのも楽しいかもしれません。
ヘアケアグッズ
ヘアケアグッズ
【髪用日焼け止め】
スプレータイプで肌にも顔にも使える日焼け止めが多く販売されていますが、肌用の日焼け止めには乾燥させる成分が入っています。そのため髪専用日焼け止めの利用がおすすめ。しっかりとUVケアをして紫外線から髪を守りましょう。
【洗い流さないトリートメント】
通常のトリートメントの役割に加えて、ドライヤーの熱や紫外線から髪を守ってくれる効果があります。また洗い流さないことで髪の補修成分が1日中残ります。濡れた髪に使うタイプと髪を乾かした後に使うタイプと2種類があるのでそれぞれの製品の使用方法を確認しながら正しく利用しましょう。

アフターケア

手軽にできる髪の傷み防止策
手軽にできる髪の傷み防止策
サーフィンの後はすぐにシャワーで髪全体を濡らし、塩分をしっかり洗い流しましょう。そのまま放置して自然乾燥してしまうのはNG。枝毛や切毛の原因になります。また塩分を流す際には丁寧に優しく洗うのがポイント。髪の外側にあるキューティクルは摩擦に弱いからです。またシャンプーの後は事前ケアでご紹介した洗い流さないトリートメントでのケアもお忘れなく。
ヘアケアグッズ
ヘアケアグッズ
【アミノ酸配合シャンプー】
様々なシャンプーが販売されていますが、1番のおすすめはアミノ酸を配合したシャンプーです。アミノ酸配合シャンプーは刺激が弱いため頭皮や髪にとって安全性が高いので、特に髪や頭皮のトラブルを抱えている方にはおすすめ。アミノ酸配合シャンプーの見分け方は裏面の成分表示をご確認下さい。シャンプーの全成分で1番多いのが水です。その次の5種類に「ココイル~」、「ラウロイル~」という表記があるものがアミノ酸配合シャンプーです。また一般的に多く流通している石油系シャンプーより少し泡立ちにくいのも特徴です。ハワイで購入すると英語表記で見分けられるか心配・・・という方は日本から持ち込む方が安心かもしれません。
一度傷んでしまった髪はなかなか元に戻りません。
しっかりケアして素敵なサーファーガールを目指しましょう!

About Surfing Scool

Lesson Menu

Surfing Information

Company

体験談
スタディハワイ ESTA.com P-mark