サーフボードの種類 | ハワイでサーフィンを学ぶなら | ハワイサーフィンスクール

【営業時間】10:30~17:00(定休日:年末年始) B.I.C Bridges for International Communication 050- 5807- 3410

サーフィンの基礎知識  サーフボードの種類

トップページ > サーフィン上達にお役立ち > サーフィンの基礎知識 サーフボードの種類

サーフボードの種類

サーフボードは長さにより種類が異なる

サーフボードは長さにより種類が異なる
サーフィンをしたことのない人から見るとサーフボードはみんな同じに見え、絵柄やデザイン、長さの違い程度しか分かりません。
でもサーフィンを始めてみるとボードにより、乗りやすかったり、乗りにくかったりすることに気づきます。自分に合ったボードを見つけるためにもサーフボードの種類を知っておきましょう。
ロングボード
9フィート(274cm)以上の長さのボードがロングボード
ロングボード
良い点:
長くて浮力もあるため、すぐに波に乗ることができます。安定感を求めている方、すぐに波に乗れるようになりたい!という方はロングボードがいいでしょう。
悪い点:
ボードが大きいため、波に乗ることは初心者でもできますが、乗ったあとの動きをコントロールするのが難しいボードです。また、自分の身長よりもだいぶ大きいこのボードの持ち運びはもちろん、車に乗せるのも大変です。保管方法も考えないとなりません。
ファンボード
6’6” (200cm)から8’4”(260cm)の間のボードがファンボード
ファンボード
良い点:
ロングボードとショートボードの中間のボードとなり、2つのボードの良さを併せ持っているといえるでしょう。安定性もあり、パドルしやすく、波に乗りやすい点からオールラウンドに使うことの出来るボードです。ロングボードは持ち運びが大変ですが、ファンボードはそこまで大きくありません。
悪い点:
オールラウンドにサーフィンを楽しむためのボードですので、高度な動きは出来ません。シンプルにサーフィンを楽しみたいという方に向いているボードです。
ショートボード
7 フィート(190cm)くらいまでのサーフボードがショートボード
ショートボード
良い点:
3つのボードの中ではコンパクトで軽い。もう一つの魅力はシャープなターンが出来ること。ショートボードの鋭く細かい動きは他のボードですることは出来ません。
悪い点:
安定感はあまりありません。動き重視のボードですので、サーフィンの基礎がきちんと出来ていて、更に技を磨きたいという人向け。初心者よりも中級から上級者に向いています。
3つのボードを比べてみて、自分のレベルに合ったボードを選ぶようにしましょう。初心者であれば、ショートは当然無理です。
安定感を求めているのならロングボード、ゆくゆくはショートボードに移行したいという場合はファンボードから始めるのもいいでしょう。
ロングボードで基礎を磨いてから、ショートボードにチャレンジする方法もあります。
サーフィン出来る頻度、体力、上達ぶりは1人1人違いますので、自分に合った方法でサーフィンを楽しみましょう。

About Surfing Scool

Lesson Menu

Surfing Information

Company

体験談
スタディハワイ ESTA.com P-mark