テールの形状について | ハワイでサーフィンを学ぶなら | ハワイサーフィンスクール

【営業時間】10:30~17:00(定休日:年末年始) B.I.C Bridges for International Communication 050- 5807- 3410

サーフィンの基礎知識  テールの形状

トップページ > サーフィン上達にお役立ち > サーフィンの基礎知識 テールの形状

テールの形状

テールのデザインによりターンの性能が変わる

テールのデザインによりターンの性能が変わる
サーフボードの後ろ約30cmがテールと呼ばれている部分です。
テールのデザインによりターンの性能が変わります。
テールの幅が広いと水と接する面積が増すため、テイクオフしやすく、加速力のある大きなターンが可能ですが、細かいターンは難しくなります。逆に幅が狭いと面積が少ない分、波から受ける力が弱くなりスムーズなテイクオフは幅が広いテールほど出来ませんが、ターンをする際の反応は敏感になります。
スクエアーテール
スクエアーテール
テールの形が幅広で面積が大きいため波のパワーを受けやすい そのためテイクオフも早くできるのが特長。面積が大きい分安定感が増す。
直線に進むライディングには向いているが、ターンをするには後ろを踏み込む必要があり、重く感じることも。足を踏み込んでからボードがターンするまで少しだけ時間がかかるが、ターンし始めるとスムーズに進む。
スカッシュテール
スカッシュテール
スクエアとラウンドピンテールの良い部分を合わせたテールデザイン テールに幅があり、ターン時に加速しやすい。特にショートボードに最も多くオールラウンドなパフォーマンスができる。面積が広い分安定性が増し、パドリングやテイクオフがしやすい。
また、スピードを出しやすく安定かつシャープなターンが可能。スカッシュは反応が良いため、パワーのある波だと合わない可能性もある。
ラウンドテール
ラウンドテール
ピンテールとスカッシュテールの中間にあたるのがラウンドテール 丸みを帯びたデザインで、切り替えしがスムーズにできる。
シャープなターンができるスカッシュとは違い、柔らかくなめらかなターンを楽しめるのも特長。
小さい波よりも大きくパワーのある波の方がコントロールしやすい。
ラウンドピンテール
ラウンドピンテール
ラウンドテールよりも尖っていて、ピンテールほど絞りがない 性能としてはピンテールに近い。ピンテールより増えた幅の面積分水の抵抗を受けるので、小さい波でもターンがしやすくなり、その分安定感が増え、テイクオフもしやすい。どちらかといえば大きな波に向いている。
ピンテール
ピンテール
水に触れる面積が少ないため、波の力を受けにくく加速しやすい テールの先が尖っているのが特長。思いっきり後ろに体重を踏まなくてもターンすることが出来る。大きい波やパワーの強い波にこのテールを使うことで、安定度が増す。
ダイヤモンド
ダイヤモンド
波の引っ掛かりが良く、シャープなターンが出来る テールの先が尖っていて、三角形のようなデザイン。スカッシュと比べ切り返しもスムーズ。
スワローテール
スワローテール
小さい波との相性が良く小さなターンも可能テールに切り込みが入っていることで水が流れやすくなり、水の抵抗を抑えることが出来るデザイン。テールエンドが2つあるため、どちらかのテールが常に波に入っているので、クイックなターンが出来る。

About Surfing Scool

Lesson Menu

Surfing Information

Company

体験談
スタディハワイ ESTA.com P-mark