サーフボードの選び方 | ハワイでサーフィンを学ぶなら | ハワイサーフィンスクール

【営業時間】10:30~17:00(定休日:年末年始) B.I.C Bridges for International Communication 050- 5807- 3410

サーフボードの選び方

トップページ > サーフィン上達にお役立ち > サーフボードの選び方

サーフボードの選び方

自分に合ったサーフボードを選ぶ事が上達への近道

自分に合ったサーフボードを選ぶ事が上達への近道
サーフボードには様々な種類があり、初心者ではどのボードを選んだら良いのか迷ってしまいますね。自分に合ったボードと出会うためにご紹介のステップを踏んでサーフボードを選び、サーフィンを上達させましょう。
初心者向けサーフボードの選び方
初心者向けサーフボードの選び方
サーフィン初心者に大切なことは、「波にたくさん乗ること」です。
そのため最初のボードは2m前後の大きめなボードがおすすめです。大きなボードに抵抗がある方もいると思いますが、短いと重心が取りづらく、安定感がありません。また幅があり、厚さもあるものは浮力もあるためさらに安定します。このようなボードはパドリングやテイクオフなどの基本動作の上達に有効的です。
またウレタン素材やEPS、EPSにゴムが巻いてあるものなど数多くありますが、修理が高額になってしまいます。初心者はボードを傷つけてしまうことが多いため修理費用が抑えることが出来る、一般的な素材がおすすめです。

ハワイのサーフィンは波乗りのポイントまで距離が遠く、波のサイズが日本よりも大きいのでよりこのようなボードが向いています。レンタルする際や購入する際にはスタッフと相談しながら初心者向きの安心なボードを選びましょう。
少し慣れてきた方向けサーフボードの選び方
少し慣れてきた方向けサーフボードの選び方
自分に合ったマジックボード探し
マジックボードとは自分の実力を最大限に引き出せる、自分にぴったりなボードのことです。自分の身長や体重、レベルによってサーフボードを選ぶことが出来ます。慣れてきたからといって極端に短くし過ぎたり、厚さを変えてしまったりすることは、上達の妨げになってしまいますので注意が必要です。
自分に合ったマジックボードを見つけることが出来れば、サーフィンが楽しくなり上達のスピードも速くなります。

  • 自分に合ったボードはどんなものかを把握する
  • サーフボードの各部位の性能を理解すること
  • ボードのスペックによって乗り心地がどのように異なるかを理解すること
  • 様々なサーフボードを試してみること
  • 上級者に自分のサーフィンを見てもらい、アドバイスをもらうこと

何度も何度も練習を重ね、上達させ、マジックボードと出会えるよう研究を重ねましょう。

ハワイでサーフィンをする際は、ボードを日本から持ち込むと追加料金がかかるなど少し手間がかかってしまいます。ハワイではボードのレンタルをすることも可能ですが、出来ればリーシューコードは日本で使用しているものを持っていきましょう。
万が一、海底のリーフに巻きついてしまった場合、慣れたリーシューコードですと素早く外れます。日頃から水中で落ち着いて取り外しが出来るように心がけて練習をしましょう。またもしもの時の場合に備えて保険に入っていると安心です。

About Surfing Scool

Lesson Menu

Surfing Information

Company

体験談
スタディハワイ ESTA.com P-mark