ウェットスーツの種類 | ハワイでサーフィンを学ぶなら | ハワイサーフィンスクール

【営業時間】10:30~17:00(定休日:年末年始) B.I.C Bridges for International Communication 050- 5807- 3410

ウェットスーツの種類

トップページ > サーフィン上達にお役立ち > ウェットスーツの種類

ウェットスーツの種類

状況に合わせて適切なウェットスーツを選ぼう!

状況に合わせて適切なウェットスーツを選ぼう!
サーフィンをする上で、ウェットスーツは重要な役割を果たします。海水や気温から体温を低下させないように保温する効果や外部の刺激から体を保護する役割を果たしています。

着用するウェットスーツは季節や時期によって変わるので、その日の気候を見極めてウェットスーツを選びましょう。

ウェットスーツの種類

スキン素材
クロロプレンの素材が表面に露出したウェットスーツです。水分をほとんど吸収せず、肌への密着性がとても良く、内面・外面どちらに用いても保温性が高いスーツになります。デメリットとしては強度が弱く、また色は黒一色となってしまうのでデザイン性には劣ります。
ジャージ素材
スキン素材の表面にニット地を貼りつけて加工したウェットスーツです。スキン素材に比べて強度は上がり、また様々な色やデザインのスーツが制作可能です。デメリットとしては水分を吸収しやすいため、熱を奪われやすく、スキン素材ほど肌への密着性はありません。また浸水も多くなります。
起毛素材
スキン素材の表面に厚みのあるニット地を貼りつけて加工したウェットスーツです。内面に用いると体温によって暖められた水を保持してくれるため、保温性に優れたウェットスーツになります。比較的新しい素材で、スキン素材やジャージ素材に比べて濡れた状態でも着やすいため、現在では主流のタイプです。
ラジアル素材
布地が貼られた上に、ラジアルコーティングがされているウェットスーツです。価格が高く、伸縮性は低下しますが、スキン・ジャージよりも強度が高くなります。また熱を奪われにくく、汚れにくいというメリットもあり、冬場に活躍するドライスーツに使われることが多いです。

ウェットスーツの種類

フルスーツ
ウェットスーツの種類 フルスーツ
ワンピースとも呼ばれます。日本では年間を通して着られているウェットスーツです。長袖、長ズボンで体全体をフルに覆っています。
シーガル
ウェットスーツの種類 シーガル
半袖、長ズボンで上下が一体となったタイプです。気温は暖かいが、水温がまだ冷たい場合に着用するのがおすすめです。
ロングジョン
ウェットスーツの種類 ロングジョン
ノースリーブ、長ズボンで上下が一体となったタイプです。気温が暖かく、水温が高めの場合に着用するのがおすすめです。寒い時期にはドライスーツなど他のスーツと重ね着することで防寒効果を高めることもできます。
スプリング
ウェットスーツの種類 スプリング
半袖、半ズボン型で上下が一体となったタイプです。気温が暖かく、水温が高めの場合に着用するのがおすすめです。
ジャケット
ウェットスーツの種類 ジャケット
タッパーとも呼ばれます。上半身のみを覆ったウェットスーツです。長袖、半袖、ノースリーブタイプがあります。サーフトランクスと合わせて夏場によく利用します。
ハワイではワイキキビーチなどメジャーなビーチではウェットスーツではなく水着でサーフィンを楽しんでいるサーファーが多いのですが、安全のためにも夏向けのウェットスーツの着用がおすすめです。 自分に合ったウェットスーツを探すためには自分のスタイルに合ったスーツを選ぶことや体にフィットしたスーツを選ぶことが重要です。きつすぎると気分が悪くなってしまったり、保温性が損なわれてしまいます。そのため必ず試着して購入を検討しましょう。

About Surfing Scool

Lesson Menu

Surfing Information

Company

体験談
スタディハワイ ESTA.com P-mark