パドリング | ハワイでサーフィンを学ぶなら | ハワイサーフィンスクール

【営業時間】10:30~17:00(定休日:年末年始) B.I.C Bridges for International Communication 050- 5807- 3410

サーフィン実践編 パドリング

トップページ > サーフィン上達にお役立ち > サーフィン実践編 パドリング

パドリング

サーフィンの基本中の基本と言えば、パドリング!

サーフィンの基本中の基本と言えば、パドリング!

パドリングはボードに乗って立つテイクオフを行う前に、波をかき分けて波に乗る重要な基本動作です。パドリングをしっかりと身に付け、サーフィンの基本動作を覚えていきましょう。

パドリングとは?
パドリングとは?

パドリングはサーフボードに腹ばいになり、海面を進むために両手で漕いで進む動作のことを言います。サーフィンをする上で最も重要な動作です。
海上での移動は全てパドリングになりますので、このパドリングを上達することがスキル上達のカギになります。

パドリングの重要性

波に乗れる数だけ上達していくので、パドリングはサーフィン上達には欠かせない大切な要素。
また、パドリングは早くなればなるだけ、あなたのサーフィンが劇的に変化します。サーフィンを上達させるために最も重要なのはパドリングだということを念頭に置きながら実践してみましょう。

パドリングの姿勢
パドリングの姿勢

パドリングをするときは、基本的にお腹の1点に重心を置き、両方の太ももはボードに添えるだけという形でおへそはサーフボードの真ん中にくるように腹ばいになります。胸を反る位置はそれぞれですが、だいたいボードから顎までの距離が20cmくらいになるくらいで留めます。
少々疲れますが、安定したパドリングには、胸を反ってお腹に重心を置き太ももを添え、スピードを出してパドリングすることが必要なのです。

パドリングをする時の手
パドリングをする時の手

パドリングをする時は、指を全てくっつけずに指の間を5mmほど開けてパドリングします。自然な手のひらの形で抵抗を受けて前に進みやすくします。
水の抵抗は水が深くなればなるほど増えます。
「水の深さ=抵抗」と考えて頂ければわかりやすいと思います。
パドリング中の手の深さは一定を保つようにし、ヒジが少々水面に出るくらいを意識しますが、ある程度の抵抗がないと進みづらいため、初心者のうちは体への負担を考えて、ヒジまで水の中に入れてパドリングすることをおすすめします。

パドリングに必要な筋肉

パドリングに必要な筋肉を普段から鍛えておくことが必要です。
海でひたすらパドリングをするには腕力と肩周りの筋肉、サーフボードの上に腹ばいになりながら胸をそらす状態を維持するには背筋が必要となります。この2つの筋肉は、実際にパドリングを行うことで鍛えることが出来ます。
上達するには練習あるのみ!ということを忘れずに、練習に励みましょう。

パドリングはサーフィンをする上で最も大切な動作です。しっかりと身につけることでサーフィンの上達度が格段に上がります。何事も基本が大切です。
基本が完璧に出来ていればあとは上達するのみです。
パドリングをマスターし、波の上を滑るサーフィンを楽しみましょう。

About Surfing Scool

Lesson Menu

Surfing Information

Company

体験談
スタディハワイ ESTA.com P-mark