プッシングスルー | ハワイでサーフィンを学ぶなら | ハワイサーフィンスクール

【営業時間】10:30~17:00(定休日:年末年始) B.I.C Bridges for International Communication 050- 5807- 3410

サーフィン実践編 プッシングスルー

トップページ > サーフィン上達にお役立ち > サーフィン実践編 プッシングスルー

プッシングスルー

プッシングスルーは、沖に出て波をキャッチする前の大切な動き!

プッシングスルーは、沖に出て波をキャッチする前の大切な動き!

プッシングスルーは沖に出て波をキャッチする前の大切な動きでサーフィンをする上での基本動作のうちの1つです。基本動作を覚えてしまえばサーフィンは爽快感でいっぱいの楽しいマリンスポーツになります。
プッシングスルーをマスターし、サーファー気分を存分に味わいましょう!

プッシングスルーとは?
プッシングスルーとは?
プッシングスルーの方法
プッシングスルーの方法

崩れた波がこちらに向かってくると想定します。
パドリングを止め、肩近くのサーフボードの端をしっかりとつかみ、腕立て伏せをするように上体を起こしサーフボードの先を沈めます。ここで先ほど想定した、崩れた波から発生する白波であるスープが登場します。
バランスを崩さないよう腕と脚を使って体を支えます。
片足をあげることでもっと水の抵抗を減らすこともできます。少し大きめのスープが来る時には足を上げるプッシングスルーの方がよいでしょう。
上体を起こした状態のまま、波をサーフボードと体の間に通して波をクリアします。上手に波がサーフボードと体の間を通ったら腕を戻してサーフボードの上に腹ばいになります。
プッシングスルーをするとしないでは波に戻される距離が全く違いので、パドリングして進んだ距離を大切にするため、小さな波でも少し大きな波でもプッシングスルーは行いましょう。

プッシングスルーとドルフィンスルーの違い
プッシングスルーとドルフィンスルーの違い
プッシングスルーは比較的簡単な動作ですが、バランスを保つことが重要。
また、プッシングスルーが出来るようになると、波に押し返されることもなくなるので、沖に出ることがとても楽になります。
ポイントは、波が来ても怖がらず、顔は正面を向くことです。少し上達すれば少々波の上を飛ぶくらいのスルーをしてしまってもOKです。プッシングスルーは後々のドルフィンスルーに繋がる大切な動きになりますので、ぜひ身に付けていきましょう。

About Surfing Scool

Lesson Menu

Surfing Information

Company

体験談
スタディハワイ ESTA.com P-mark