ライディング基本姿勢 | ハワイでサーフィンを学ぶなら | ハワイサーフィンスクール

【営業時間】10:30~17:00(定休日:年末年始) B.I.C Bridges for International Communication 050- 5807- 3410

サーフィン実践編 ライディング基本姿勢

トップページ > サーフィン上達にお役立ち > サーフィン実践編 ライディング基本姿勢

ライディング基本姿勢

ライディングの基本姿勢をしっかりと身に付けよう!

ライディングの基本姿勢をしっかりと身に付けよう!

ライディングフォーム(サーフィンボード上での姿勢)がしっかりと出来ているサーファーは見ていてとてもかっこいいものです。
波の上をスイスイと華麗に滑る姿に目は釘づけになる人が多くいます。
想像してみて下さい。青い海の上をサーフボードで目の前を颯爽と横切るサーファー、きっと憧れの的になると思います。あなたも憧れるそんな人々のうちの1人なのではないでしょうか。あなただってライディングの基本姿勢をしっかりと身に付ければかっこよくサーフィンが出来ます。

ライディングの基本姿勢
ライディングの基本姿勢

ライディングフォームは波の状態やスキルによって違いが生まれますが、基本的な姿勢や立ち位置はよく理解しておきましょう。
波に乗ってライディングをするには、まずは正しい基本姿勢です。ライディングの基本姿勢は、背筋をまっすぐに伸ばし、顎を少し引き、進行方向に向けます。
立ち位置は肩幅より少し広めがよいでしょう。膝がバネの役割をしてくれるので、膝を少し曲げ、棒立ちにならないよう意識します。
正面から見て、上半身を起こしすぎずかがみすぎずと言った半身の体制で構えるようにします。基本の立ち位置はサーフボードの中央を意識しましょう。
体の軸はストリンガー(サーフボードの補強材)の上が基本の位置になります。
これがライディングの基本姿勢になります。低い姿勢の場合は、この状態で膝をもっと低く保ちます。

スタンス
スタンス
【レギュラー】
右足が利き足として後ろに来て、左足が前に来る姿勢をレギュラーと呼びます。
【グーフィー】
左足が利き足として後ろに来て、右足が前に来る姿勢をグーフィーと呼びます。

ご自分の利き足がどちらかなのかもしっかりと確認しておきましょう。

ライディング基本姿勢とドルフィンスルーの違い
  • 猫背にならない
    ライディングをしていて気が付いたら猫背になっている、なんて方も多いです。
    姿勢は大切ですので常に意識しましょう。
  • リラックスする
    ライディングで緊張したり、変に頑張りすぎて体に力が入ってしまったりと、自分の意識とは違ってしまうことがあります。そういうときはリラックスして行いましょう。まずは深呼吸して力をある程度抜いてみましょう。
    ライディングもきっと上手くいきます。
  • 頭はまっすぐ
    ライディングする時、目が下を向いているなんてことありませんか?頭はあくまでまっすぐ!
    景色を眺めるように頭をまっすぐに向けましょう。
ライディングの基本姿勢は波に乗る時にとても重要なものです。
海での実践に入る前に、ご自分を鏡などで確認し、ライディング基本姿勢をマスターしましょう。青い海の上で華麗にサーフィンをするご自分の姿を想像して下さい。
きっと気持ちよく風を感じながらサーフィンを楽しめることでしょう。

About Surfing Scool

Lesson Menu

Surfing Information

Company

体験談
スタディハワイ ESTA.com P-mark