まっすぐライディング | ハワイでサーフィンを学ぶなら | ハワイサーフィンスクール

【営業時間】10:30~17:00(定休日:年末年始) B.I.C Bridges for International Communication 050- 5807- 3410

サーフィン実践編 まっすぐライディング

トップページ > サーフィン上達にお役立ち > サーフィン実践編 まっすぐライディング

まっすぐライディング

まっすぐライディング出来る感覚を身に付けよう!

まっすぐライディング出来る感覚を身に付けよう!

サーフィンを上達させるにはまず、まっすぐライディング出来るようにしましょう。
動く波の上でバランスを取りながらまっすぐライディングするのは、見た目と違って案外難しいものです。特に初心者であればまずは浅瀬でライディングの練習をして、感覚を覚えましょう。
感覚が覚えられたら、次に沖に出てチャレンジしましょう。

浅瀬でライディング
まっすぐライディング出来る感覚を身に付けよう!

最初にライディングする感覚を身につけましょう。ここで練習を積み重ね、波が来るタイミングとボードに飛び乗るタイミングをマッチさせましょう。体で覚えることが大切です。

  • お腹が着く水の深さまでボードを持っていき、ノーズを波とは垂直にして岸に向けましょう。
  • 波の間隔をよく見て、白い波が立っている波が来たらチャンスです。
    タイミングを合わせてボードにお腹から飛び乗ってみましょう。
  • 飛び乗れたらそのまま少し波に乗り、バランスを取りながら立ち上がります。
    スピードが落ちると安定感がなくなりボードがぐらぐらし始めるので注意しましょう。
    時間をかけず、パッと出来るように練習を重ねましょう。
  • 立ち上がれたらバランスを保ちながら、まっすぐライディングを楽しみましょう。
沖でライディング
沖でライディング

浅瀬で感覚がつかめたら、今度は沖に出てみましょう。
波の大きさも増し、浅瀬よりもっとリアルなサーフィンが楽しめます。

  • どの波に乗るのか目標を定めましょう。その波を目指し、パドリングをします。
  • 波に対して垂直にボードを向けます。
    波に追いつかれる時にタイミングを合わせてノーズを調整します。
  • ボードの進むスピードと追いつかれている波のスピードが同じになったら立ち上がります。
  • 立ち上がれたら力を抜きます。バランスが崩れそうになったらヒザを曲げ、リラックスして立ってみましょう。
  • スピードが落ちるとノーズが上がるので、前に重心を持っていきノーズを下げるようにしましょう。こうすることで波を乗り継いでいくことが出来ます。
    波のスピードが速い場合はテールに重心を持っていき、ノーズを上げるようにしましょう。

まっすぐライディングするにはノーズを上手にコントロールする必要があります。
重心移動をしつつ、ボードから落ちないようバランスを保てるようにしていきましょう。

About Surfing Scool

Lesson Menu

Surfing Information

Company

体験談
スタディハワイ ESTA.com P-mark