横方向へライディング | ハワイでサーフィンを学ぶなら | ハワイサーフィンスクール

【営業時間】10:30~17:00(定休日:年末年始) B.I.C Bridges for International Communication 050- 5807- 3410

横方向へライディング

トップページ > サーフィン上達にお役立ち > 横方向へライディング

横方向へライディング

長くライディングするために

長くライディングするために

まっすぐライディングが出来るようになってくると、もっと長くライディングをしたくなるものです。長いライディングを楽しむためには波を横に進む必要があります。なぜなら、まっすぐ進む波はいずれパワーが落ち、ボードも止まってしまうからです。横に進むことで常にパワーのある波に乗ることができ、もっとサーフィンを楽しむことが出来ます。横方向へライディングのテクニックをぜひ身につけて、長くライディング出来るようにしましょう。

斜めにテイクオフ
斜めにテイクオフ

まっすぐライディングするには、波に対して垂直にボードを向けていました。横方向へライディングするにはボードを斜めに向けなくてはなりません。その方法を見てみましょう。

  • 自分に合う波をみつけたら、その波目指して少し斜めにパドリングをしましょう。
  • 位置に着いたら、ボードを引き続き少し横方向へ向けます。
  • 後ろから来る波にタイミングを合わせ、テイクオフします。重心も波側に置くようにしましょう。
    ※ボードにある程度のスピードがないと、ふらついたり、波に巻かれたりしますので一連の動きに流れを持たせましょう。
横方向へライディング
横方向へライディング

ボードに乗ることができ、横方向へ滑り始めたら、進みたい先を見るようにしましょう。

  • 先の波を見つつ、バランスを保ちながら波に乗ります。
  • ボードのスピードが落ち始めたら、レールを入れてノーズを岸の方へ向ける。
  • 追ってくる波にタイミングを合わせて、スピードがまた出始めたら、レールを入れてノーズを再び横に向け、横方向のライディングを楽しみましょう。
  • 崩れていない波に向かって、ステップ3と同じように進みます。
レールコントロール

横方向へライディングをするにはレールコントロールが必要不可欠になります。「レールを入れる」とは進みたい方向に合わせて、右もしくは左のレールに重心を移すことです。右に進みたい場合は右のレールに重心を移し、左に進みたい場合は左のレールを入れます。こうすることで方向をコントロールすることが可能です。

横方向へライディングし続けるにはまだ崩れていない波に乗り続ける必要があります。そのため、常に進みたい方向と波を見ておかなければなりません。また、ボードのスピードを保ち、長く滑らせるためには波の斜面がキーポイントになります。斜面を意識して、自分が横にライディングをしているように感じても、実はまっすぐ進んできただけだった・・・ということもよくあります。練習を重ね、横方向へライディングがスムーズに出来るようにがんばって練習しましょう。

About Surfing Scool

Lesson Menu

Surfing Information

Company

体験談
スタディハワイ ESTA.com P-mark