サーフィンするならココを鍛えよう! | ハワイでサーフィンを学ぶなら | ハワイサーフィンスクール

【営業時間】10:30~17:00(定休日:年末年始) B.I.C Bridges for International Communication 050- 5807- 3410

サーフィン実践編 サーフィンするならココを鍛えよう!

トップページ > サーフィン上達にお役立ち > サーフィン実践編 サーフィンするならココを鍛えよう!

サーフィンするならココを鍛えよう!

サーフィンを上達するにはまず波を知ること!

実際、波に身を預けてみるとお分かりですが、サーフィンをすると、普段使っていない全身の筋肉を動かすことになり、陸に上がる時には相当の疲労感を感じます。

サーフィンを続けていると、次第にこの疲労感が心地良いものに感じ、再び波と戯れる快感に繋がるのですが、最初のうちは筋肉痛や全身疲労で、辛く感じるものです。

普段からサーフィンに有効な筋トレをしておき、より高いパフォーマンスを発揮出来る体づくりをしておくと、もっと楽しいサーフィンライフが送れます。
ここでは、サーフィンを楽しむために、日頃から鍛えておきたい筋肉と筋トレについてご紹介致します。

腕立て伏せ(腕力強化)
腕立て伏せ(腕力強化)

ボードにうつぶせになり、沖へ向かうパドリングでは、かなり腕の力を必要とします。浜辺に向かって来る波のパワーとは正反対に向かって行くわけですから、腕の力を付けておくだけでも、スムーズで早いパドリングが期待出来ます。

また、初心者泣かせのドルフィンスルー(波が正面から来た時、波の下に潜ってアウトする方法)にも、腕の筋力が無ければ出来ません。腕立てをしたからといってサーフィンが上手くなるわけではありませんが、腕立て伏せを日頃からやっておくと、このような筋力を必要とする場面で、疲労を軽減することが出来るのです。

バックエクステンション・プルオーバー(背筋強化)
腕立て伏せ(腕力強化)

パドリング時、板の上でしっかり体を反らせバランスをとっていきます。日常生活ではほとんど使わない背中の筋肉。ここをしっかりと鍛えることは、サーファーにとって必要不可欠と言われています。

うつ伏せで足を固定し、後ろに上体を大きく反らすバックエクステンションや、ダンベルなどを両手で持って、頭の上から後ろへ大きく反らすプルオーバーといった筋トレ方法で、しっかり背中の筋肉を伸ばし、眠っている筋肉を強化しておきましょう。通常の動作では得られないエクササイズにより、可動域も広がり、柔軟体操にも繋がります。

体幹トレーニング
体幹トレーニング

サーフィンのみならず、全てのスポーツから日常生活の動作に至るまで、体幹は人間の動きに大きく影響しています。一流スポーツ選手の多くは、日頃の筋トレもさることながら、この体幹トレーニングを取り入れ、更に高いパフォーマンスを目指しています。

体幹トレーニングには様々なアプローチがあるのですが、正しい腹式呼吸やヨガのポーズなどにもこの体幹を鍛えるのに有効な動きがありますので、是非毎日続けられる簡単なものからチャレンジして下さい。

因みに、これらのトレーニングは、遅筋と言って、お腹の奥にあるインナーマッスルを鍛えることになります。通常の負荷の強い筋トレとは反対に、ゆっくり時間をかけて行うものですので、毎日継続して行う事がポイントとなります。体幹を鍛えると、サーフィンでのバランス感覚が良くなるメリットの他に、ダイエットにも高い効果が得られ、一石二鳥ですね。

About Surfing Scool

Lesson Menu

Surfing Information

Company

体験談
スタディハワイ ESTA.com P-mark