ハワイでサーフィンを学ぶなら | ハワイサーフィンスクール

【営業時間】10:30~17:00(定休日:年末年始) B.I.C Bridges for International Communication 050- 5807- 3410

サーフィン実践編 サーフィンするならココを鍛えよう!

トップページ > サーフィン上達にお役立ち > サーフィン実践編 サーフィンするならココを鍛えよう!2

サーフィンするならココを鍛えよう!2

サーフィンに陸トレは必須!サーフィンに必要な筋トレやバランストレーニングで、より高いパフォーマンスを発揮出来る体づくりをしておくと、もっと楽しいサーフィンライフが送れます。週末サーフィンを楽しむためにも、普段からサーフィンに有効な筋トレをしておきましょう。

体幹トレーニング
体幹トレーニング
サーフィンのみならず、全てのスポーツから日常生活の動作に至るまで、体幹は人間の動きに大きく影響しています。サーフィンにはパドリングに必要な肩の筋肉が一番大事と思われがちですが、それよりも大切なのは「体幹の強化」です。道具なしで自分自身の重さで負荷をかけ、自宅でもすぐにできる体幹トレーニングメニュー「プランク」のご紹介です。
1、うつ伏せになる
2、腕を曲げて肘で上半身を上げる
3、両つま先を立て、腰を上げて体を一直線にしてそのまま15秒キープ、背中と足が床と並行になるイメージです。息をゆっくりと吐き、ゆっくりと吸います。呼吸の仕方一つで筋トレの質は変わってきます。
これを5セット行います。肩とお尻を同じ高さにキープするには、体全体の筋肉をかなりを必要とするメニューです。
バランストレーニング
バランストレーニング

サーフィンといったらバランストレーニングです。不安定な波の上のボードに立つには、バランス感覚を身につける必要があります。自転車に乗る訓練と同じで何度も海に出てその感覚を身につけるのが一番の近道。筋トレよりもバランストレーニングを行いましょう。海を離れ陸の上でバランスボールに乗ったり、バランスボードに乗ってのスクワットや、腕立て伏せをしてみるだけでも効果があります。
道具がない方は目をつむり片足で立ってみて下さい。バランス感覚が養えるお手軽なトレーニングですが効果は絶大です。

筋トレ
筋トレ

サーフィンに必要なのは全身の筋肉です。サーフィンに真面目に取り組んでいれば、ご自身のウィークポイントが次第に分かってくるはず。ライディング中に太ももがパンパンになり脚力が必要だと感じたら、脚力を鍛える筋トレを行い、スクワットで大腿筋を鍛えましょう。パドルが弱いと感じたら、波のないときでもあえてパドルアウトして肩を鍛えます。パドリングに必要なパドル筋はパドリングでしか鍛えられません。こういった日々の積極的な取り組みがサーフィンの上達に繋がります。

スクワット
スクワット
1、両足を肩幅より少し広めに開く。足の先はやや外側を向ける
2、手を頭で組んでゆっくりとしゃがむ、膝が90度になったら戻す
しゃがむ・戻す動作を各3秒かけてゆっくりと行います。かかとが浮かないように行います。これを10回1セットで3セットを目安にしてみて下さい。

About Surfing Scool

Lesson Menu

Surfing Information

Company

体験談
スタディハワイ ESTA.com P-mark