サーフィンのルール | ハワイでサーフィンを学ぶなら | ハワイサーフィンスクール

【営業時間】10:30~17:00(定休日:年末年始) B.I.C Bridges for International Communication 050- 5807- 3410

サーフィンのルール

トップページ > サーフィン上達にお役立ち > サーフィンのルール

サーフィンのルール

ルールを守って、一人一人が気持ちよくサーフィンを楽しむ

ルールを守って、一人一人が気持ちよくサーフィンを楽しむ
どんなスポーツにも共通することですが、サーフィンにもルールがあります。
ルールを守ってこそサーファー、一人一人が気持ちよくサーフィンを楽しむことが出来ます。ルールだけでなく、マナーを守ることも大事です。ゴミを捨てない、他のサーファーへの配慮の気持ちを持つ、譲り合いの気持ちを忘れないマナーを守りましょう。また、他のサーファーに不快感を与えないためにも、サーフィン前にルールを確認しておきまし
波1つにサーファー1人
波1つにサーファー1人
波1つに対して、サーファーは1人というサーフィンのゴールデンルールがあります。
ブレイクする(割れる)波に一番近い人が波に乗れる「優先権」を持ちます。
当たり前ですが、1つの波に複数の人が乗ると、けがにつながります。
こうした事態を防ぐためにもこのルールが存在するわけです。
ドロップインは絶対にNG
ドロップインは絶対にNG
ドロップインとはすでに別のサーファーが乗っている波に前から入ることをいいます。
この「前乗り」行為は危険であると同時にルール違反でもあります。
もし相手に気づかずにこのドロップインをしてしまった場合は、進んで謝りましょう。
沖で両手は振らない
沖で両手は振らない
友達や家族に「ここにいるよ!」と大きく両手を振ることがありますね。
街などでよく目にするこの光景ですが、海ではやらないようにしましょう。
なぜなら、海で両手を振ることは「SOS」のサインだからです。
ライフセーバーが救助に向かうことになりますので、気をつけましょう。
声を出す
声を出す
波に乗っているサーファーが自分の方向に接近している場合、声を出しましょう。
相手は波に集中しているか、もしくは太陽の光が反射して、見えにくい場合があります。常に先を予測するつもりで、ケガを回避するスキルを磨きましょう。
リーシュコードを必ずつける
リーシュコードを必ずつける
リーシュコードとは体とサーフボードをつなぐひもを指します。このリーシュコードをつながずに波にのまれるとサーフボードは波の勢いで飛んでいってしまいます。
飛んでいったサーフボードはどうなるでしょう。誰もいないところならいいのですが、他のサーファーがいれば、その人にぶつかり大ケガにつながります。
このような事態を避けるためにも、リーシュコードを必ずつけましょう。自分のボードは自分できちんと管理をし、周りに迷惑をかけないように心がけましょう。
初心者は必ず経験を積んでいるサーファーと一緒に海に入りましょう。
初心者同士で海に入るのも危険です。海では何が起こるか分かりません。
いざという時のためにも、経験者と一緒にいることでパニックにならずに済み、正しい判断をすることが出来ます。

About Surfing Scool

Lesson Menu

Surfing Information

Company

体験談
スタディハワイ ESTA.com P-mark