ハワイでは必須アイテム!日焼け止め | ハワイでサーフィンを学ぶなら | ハワイサーフィンスクール

【営業時間】12:00~17:00(定休日:年末年始) B.I.C Bridges for International Communication 050- 5807- 3410

ハワイでは必須アイテム!日焼け止め

トップページ > サーフィン上達にお役立ち > ハワイでは必須アイテム!日焼け止め

ハワイでは必須アイテム!日焼け止め

ハワイでは必須アイテム!日焼け止め

ハワイの紫外線は大変強く、日焼け対策を怠ってしまうとヤケド状態になってしまうこともあります。肌が痛くて海に入れない状態になってしまうと、せっかくのサーフィンも楽しめなくなってしまいます。
日焼け止め必須のハワイでは、ベストな日焼け対策をしてサーフィンスクールに臨みましょう。

日焼け止めは持ち込む?現地購入?
日焼け止めは持ち込む?現地購入?

ハワイの紫外線は、日本の2~4倍!昔と違い現在では、日本の日焼け止めのSPF最大値は50と決められています。それではハワイの強い陽射しに太刀打ちできません。
ハワイで日焼け止めを使う際は、ちょっとした外出でSPF50以上。観光で70以上。海ならば90以上は必要です。ZINC(紫外線散乱剤)が入っているものを利用しましょう。
現地ではハワイの気候にあった日焼け止めが販売されていますので、現地購入がおすすめです。

ハワイで日焼け止めが買えなくなる!?
ハワイで日焼け止めが買えなくなる!?

ハワイでは2021年から日焼け止めの販売・流通が禁止となります。日焼け止めの成分「オキシベンソン」と「オクチノキサート」が珊瑚礁に有害だということが発覚したからです。
なお、日本から日焼け止めを持って行き使うことは規制されませんが、海に行くのなら、これらの成分を使用していないノンケミカルの日焼け止めを使用しましょう。
ハワイの美しい珊瑚礁は地球の宝物です。珊瑚礁のためにも環境にやさしい日焼け止めを選びましょう。

飲む日焼け止め
飲む日焼け止め

今注目されているのが、飲む日焼け止め(サプリ)。
通常の日焼け止めは、海の水や汗で落ちていきますが、サプリならその心配はありませんね。しかも、塗りムラも塗り残しもありません。
継続して飲むことで高い効果が出ますので、早目に飲み始めましょう。
安全性が心配という方もいらっしゃるでしょうが、臨床実験済の天然由来のサプリなら安心。海外ではすでに一般的なサプリとなっています。
飲む日焼け止めとクリームのW使いなら、ハワイの強い紫外線も怖くありません。

日焼け止めクリームの使い方
日焼け止めクリームの使い方

・日焼け止めの塗り方
日焼け止めは、乾燥した肌に塗るのはNGです。洗顔後、化粧水や美容液で肌を整えてから使用しましょう。
塗る時はムラができないように伸ばしていきます。その際、擦り込まないように要注意。また、薄く伸ばすのもNGです。リキッドなら、少量ずつ手のひらにとって伸ばすのがおすすめ。優しく丁寧に塗りましょう。
一度塗った後で、再度同じ量を重ね塗りすれば、ムラができません。

・日焼け止めはいつ塗る?いつ塗り直す?
日焼け止めが効果を表すのは、塗ってから30分後。肌になじむまで時間がかかるため、余裕をもって早めに塗っておきましょう。
塗り直しの目安は、塗ってから2~3時間。
サーフィンスクールの受講が終わってから、塗り直して休憩するのがおすすめです。

・1日の終わりに
楽しかったハワイでの1日。「疲れた?」と言って、そのまま寝てしまうのはNGです。
日焼け止めが肌に残っていると、ニキビや黒ずみの原因になってしまいます。また、肌が乾燥しやすくなりますので気を付けてください。
石鹸や手持ちのクレンジング剤で落とせるものが多いですが、中には専用のクレンジング剤が必要なものもあります。購入時にしっかりと確認しておきましょう。
もちろん、クレンジング剤が必要な日焼け止めを身体に塗った場合は、顔だけでなく身体もクレンジングが必要です。

About Surfing Scool

Lesson Menu

Surfing Information

Company

体験談
スタディハワイ ESTA.com P-mark